セブシティで日本食を食べたくなったら お勧めの日本食レストラン5選

 

 

今英会話学習やノマドワーカーの間で大人気スポットとなっているフィリピン、やはりその大きな理由のひとつは物価や生活コストの安さでしょう。

それなりの生活であれば、家賃月2万円・食費月2万円・雑費月1万円程度と合計月5万円もあれば生きていけるような場所です。

しかし、地元レストランの食事は安いとはいえ味は…

人によるとはいえ、おそらく大多数の日本人には味が濃すぎたり単調だったりで、飽きがきやすいんじゃないかと思います。

 

そこで、たまの贅沢で日本食を食べたくなったとき、日本並みもしくは日本以上のクオリティの食事を楽しめるレストランをご紹介します。

今回は留学生やIT系企業の社員が多いばかりでなく、観光でも日本人で賑わう「セブシティ」にスポットを当ててご紹介していきます。

日本人オーナーが経営している店ばかりですので安心・安全のクオリティです。

 

 

鎌倉そば

セブで本格的な手打ちそばだけでなく、日本では非常に希少になってしまったウナギを食べることができます。おすすめはアルティザンそばとハーフうな重の組み合わせです。ぜひ予約して行きましょう。

 

 

www.shijimi-style.com

 

韓陽苑

日本の焼き肉屋さん顔負けの本格焼き肉がセブでも食べられます。

タン塩・ハラミ・カルビ・・・どれをとっても日本のチェーン店より高いレベルの焼肉ですので、贅沢したい日にはぜひお勧めです。

韓陽苑・焼肉レストラン | レストラン・お店

 
 

筑前屋

いわゆる日本風の居酒屋で、日本居酒屋の定番メニューも数多く取り揃えています。

知暮里グループの一つで、刺身盛り合わせやもつ鍋などがお勧めです。

筑前屋 | レストラン・お店

 

Skillet(スキレット)

日本人のオーナーがやっているカフェ風のレストランです。

牛丼やオムライスといったご飯ものが日本並みのクオリティで食べられるだけでなく、デザートも日本人の舌にあっていてとても美味しいです。

ランチにおすすめです。

cebutrip.net

 

バリカタ

とんこつラーメンが食べたくなったらここです。

ラーメン屋さんはセブに数多くありますが、バリカタは特に日本と遜色のないクオリティのため、日本人のリピーターが多いです。

種類が豊富なとんこつラーメンはもちろん、まぜそばも楽しめるので何度でも行きたくなるラーメン店です。

おわりに

基本的にはセブに長期滞在する日本人に向けた内容ですが、どの店も観光客にもお勧めできるほどのクオリティです。
ビーチ目当てでセブ島に行ってみたものの、食事が合わなかったという観光客の声もよく聞きます。
折角の旅行でローカルレストランに行ってみたい気持ちもあるかとは思いますが、あえてセブで働く日本人オーナーの店を訪ねて、交流を楽しむというのも旅行の醍醐味の一つとしてお勧めです。